アントシアニンで爽快な視界をGET|煌めく瞳

症状や対応

下を向く人

若い人も気をつけましょう

閉経前後の更年期においてホルモンバランスが崩れることによって、様々な症状が出てくることがありますが、これを更年期障害と呼んでいます。更年期障害の症状にはほてりやのぼせ、発汗やイライラなど、その症状は多岐にわたります。更年期障害の症状には個人差がありますが、一般的には閉経前後の50代前後の女性に多く見られます。しかし最近では20代から30代の若い世代でも、更年期障害の症状に悩まされる人が少なくありません。若い世代に増えている理由としては、ストレスや生活習慣の乱れ、過度のダイエットなどが挙げられます。そのためこれからは、若い人でも症状が出ることを知っておく必要があります。薬などを使った早期の治療で、改善させることも可能なので、出来るだけ早めに受診すると良いです。

OTCや漢方を使って対応

更年期障害による症状を市販のOTC薬で対応しようとすると、現在あらわれている症状を個別に和らげることが中心となります。例えば頭痛であれば鎮痛剤、食欲不振症状が出たら胃腸薬、冷え症状が出たらビタミンE製剤で対応する、ということになります。また漢方薬を使って、更年期障害の症状を抑えることもあります。むしろ更年期障害に関しては漢方薬が良く使われることがあり、漢方薬の得意分野といっても良いかもしれません。漢方薬でよく使われるのは、加味逍遥散や桂枝茯苓丸、当帰芍薬散などです。これらの漢方では、ホルモンバランスや自律神経の働きを整える働きがあり、女性ホルモンが少なくなっている状態を徐々に慣らしていく性質があります。また症状が強く出る場合は、医療機関の受診が勧められます。