アントシアニンで爽快な視界をGET|煌めく瞳

品質と価格重視の開発へ

瓶に入ったハチミツ

人工的な生産と品質

需要の高騰に伴ってプロポリス原液は積極的に人工的な生産が進められています。ミツバチが巣を守るために産生するのがプロポリスであり、ミツバチを育てて巣を手に入れればプロポリスの原液を抽出できます。同時にハチミツやローヤルゼリーの生産も行えるため、ブラジルを中心としてプロポリスの原液が作られているのが現状です。ミツバチの種類やミツバチが食べる餌、育てられた環境などの様々な影響によってプロポリスの成分は大きく変化します。そのため、原液を選ぶ際には産地や養蜂場を選ぶのが重要になる場合もあるのが特徴です。天然素材であるからこそ、ミツバチが育った環境を重視することがその産物であるプロポリスの原液の品質にも影響するのでしょう。

価格も重視する傾向へ

ブラジルを中心としたプロポリスの原液の生産では品質を重視する傾向が強まっています。世界的な健康志向の影響を受けてプロポリスに注目する人は増えていますが、効果の高さを期待するからこそ品質を重視して製品を選ぶ場合が多いのです。特に日本では品質を重視する傾向が強く、輸入されるプロポリスの原液は最高グレードのものが大半を占めています。しかし、品質が高いほど高価になるのは必然であり、それが市場の拡大を妨げている面があるのも事実です。今後のプロポリスの原液の生産では価格も重視されます。ミツバチの種類の選定や餌の工夫、生産地の変更や人件費の削減などがその戦略となり、安価でありながら高品質の原液が出回るようになるでしょう。